<   2009年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

姉と弟

単身赴任中の弟が
インフルエンザに罹ったらしい
母からの電話で知った

最近は、
父の病気だったり
母の入院だったりが続いて
母の口からいい話を聞くことがめっきり少なくなった

甥は今年高校を卒業するが
まだ進路が決まっていなくて
これも母の心配の種の一つになっている

そんな中で弟のインフルエンザだ
もともと弟は丈夫なたちではなく
病気に罹るといつも酷い思いをする
だから、母が心配するのだが
だれも、もちろん母も、弟のところに行くことはできない

今日で寝込んで5日目になるというから、
食事はどうしているのだろうなどと心配が募る母の気持ちはよく分かる


私は姉である
弟とは5歳年が離れている
弟が小さいとき
自分が弟を守ると信じていた
今も、実際には何もできない姉なのに
弟のことが気にかかって仕方がない
遠く離れて暮らしている両親のことも気にかかるが
同じようにもっと遠くにひとりぼっちで暮らしている弟のことが気にかかる

自分が楽しい思いをすると
今頃弟は…
という思いが胸をよぎることがよくある
スキーをしてリフトに乗っている時間だとか
映画の帰り道だとか
家族でおいしいものを食べに行った帰りだとか
そんなときに、ふと弟のことが思い出されて
ああ 
という気持ちになってしまう

小さいときから病気がちで
我慢したり耐えたりすることが多かった弟
私のようにすぐに弱音を吐くこともせず
いつも同じように落ち着いた様子で生活することができる弟
それなのに、
姉の私が守ってあげなくちゃ…
と、よけいなことを
つい考えてしまう。

いつまでたっても
姉と弟は姉と弟のまま
だけど、遠い距離に隔てられている
心配な心はあるけれど、電話もメールもしない


こんな関係が丁度いいのかもしれない

d0009689_16312920.jpg

                                          2月14日 六義園にて
[PR]

by hanaatushin | 2009-03-01 16:34 | ひと・人・ひと