<   2008年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2月の大雪

気にかかっていた仕事が一つ終わったからでしょうか
気持ちがずいぶん軽くなりました

感情はコントロールできるかどうかは分かりませんが
何をどう見ていくかで、ずいぶん変わっていくものだと思います

自分を取り巻く環境を大きく変えることは難しいですが
それを自分がどう受け止めるかを考えることはできます

受け入れることができれば
ずいぶん気持ちのありようが変わるんだなと思います
こうして受け入れていこうという気持ちになれる
その程度の問題なのだと思いました

今日は、3月を間近にして 大荒れの一日です
昨夜から雪のやむ間はありません

昨日は美容院に行って髪を切りスーパーで春の花を買って玄関に飾ってみました。
一角に春が来ました

外では除雪車の唸る音が聞こえます
d0009689_16153895.jpg

[PR]

by hanaatushin | 2008-02-24 14:22 | 大切なとき

動きましょう

まず、動きましょう。
不安にがんじがらめにされて、
体を固めていると、
心までが固まってしまうようです。

心が固まっているから、
体が動かせないのなら、
動き始めは辛くても、
何かしら動き出してみましょう。

体が動き出せば、
心もそれに付いてくるかもしれません。
付いてこないでも
それはそれ、気にせずに、まずは手足を動かしてみましょう。

何度も何度も言い聞かせて
ようやく私の手足が動き出しました。
洗濯をして、アイロンをかけて、
少し片付け物もして、
最近遠ざかっていた活字にまた戻るために、
ミステリの文庫を注文して、
聞いてみたいシンガーのCDも注文して、
久しぶりに部屋中に音が響くようにボリュームを上げて、好きな曲を聴いています。

うん、何とかなる。
何とかできないはずはない。
そんな気持ちが、ちょっとだけ頭をもたげ始めたような、
微妙な変化を感じます。
d0009689_16423862.jpg

[PR]

by hanaatushin | 2008-02-17 16:43 | つぶやき

今、ここでを…

ブログのタイトルにした言葉は
私が好きな言葉です。

ある講習会の時に、アドラー心理学の先生から教わった言葉です。
とても胸にしみて、苦しく痛くなったほどでした。

たとえ話に先生は、帰りの遅いご主人を待つ奥さんの話をしました。

せっかく夕ご飯の支度をして待っているのに
帰りが遅い旦那様を、カリカリとして待っている奥さん
時間が遅くなるにつれて、奥さんのイライラは募るばかり。
そこに、旦那様が、「ただいまぁ」と帰ってきました。
奥さんは、イライラしていたものですから、
「どうしてこんなに遅かったの?
 もっと早く帰って来れないの?
 どんな気持ちで待っていたと思うの?」
と旦那様を責め立てます。

これでは今、ここでを生きることになりません。

確かに、帰りは遅かったのですが、
今このときは旦那様は帰っていらっしゃるのです。
その今を大事にして生きるのならば、
帰宅が遅かったという過去の話から気持ちを切り替えて
今は奥さんの所に帰っているという現実に目を向けましょうと、
そんなお話だったと覚えています。
そうすれば、旦那様に、
「お帰りなさい。」
と言えるし、楽しい話にもなるでしょう、と。
今を楽しめばいいじゃないですか…ということです。

過ぎてしまった過去にとらわれたり
まだ来ぬ未来を憂いたりするよりは
今、ここでの現実に向き合って生きることが
人生を豊かにするのです

そんなふうに教わった記憶があります。

そして、その言葉をブログのタイトルにしたのでした。


今、もう一度その言葉の意味を思い起こすことにします。
[PR]

by hanaatushin | 2008-02-16 18:49 | 大切なとき

テレビにはまる

最近、
出来事を記事にしてみようと思うけれども、
これと言って取り立てることがないような毎日を送っている。

現実を直視せずに
考えることもせずに
逃れるように時間を浪費する。
そんなとき、
テレビはもってこいの相手になる。


と後ろ向きに書かずに
前向きにとらえ直してみると、


最近、自分の時間が持てるようになった。
ゆっくりと夜の時間を一人で過ごすことができる。
最近は、テレビが私の一番の相手になっている。
気に入った映画などを録画して、ゆっくりと楽しむのだ。

昨夜見たのは、ムーランルージュ
ラブストーリーのミュージカル映画だった。
現実離れした世界を楽しんだ。

映画ではないが、私が今毎日楽しみにしている番組がある。
某放送局の連続テレビ小説だ。

はじめは、たいした話ではないと高をくくっていた。
それなのに、最近は参っている。
この番組を見ずに一日を終えることはできない!
と断言してもいいくらいにはまっている。

何が面白いのか、
ウイット
とでも言うのだろうか。
お仕着せがましくなく
笑いの中に
それぞれがそれぞれに感じ取れるようなメッセージが織り込まれている。
その日、その日、番組を見て、自分なりの気づきを得る。
そして、それが私自身の癒しになる。
というような不思議な番組なのだ。

と、だらだらと書いてしまった。
こんな風に、最近の自分ときたら
だらだらと時間を送っている。

でも、こんな時もあっていいんだよと
これを書きながら思った。
どんな時間も、私の時間。
そう思った。

d0009689_11565527.jpg


バレンタイン用に作ったアレンジ。
[PR]

by hanaatushin | 2008-02-16 11:59 | 大切なとき