<   2005年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

光の中でクリスマス

仙台に行ってきた。
寿司とかにの食べ放題に行き
d0009689_1355093.jpg

それから
光のページェントに行った

私達が、前にも後ろにも進めない人込みの中をもがいている頃
筋違いのアーケード街で
車の暴走があり
怪我人が出た
まかり間違えば、私がその輪禍に遭っていたかもしれない
d0009689_1181230.jpg


人の命や幸福を蹂躙して平気に生きる人が
どこか遠い世界にではなくて意外と身近なところにも
潜んでいることの恐怖を感じた
光の中のクリスマスで
闇の恐怖を感じた


d0009689_141686.jpg

けれど、仙台光のページェントは文句なしに美しかった
[PR]

by hanaatushin | 2005-12-26 01:21 | つぶやき

花には力がある

トルコキキョウをいけた。
ただ花瓶に長さを変えて挿してみただけだけれど
とてもいい気持ちになる。
花には力がある。
どんな力かは、受け取る私のそのときによって違うけれど、
花には力があるといつも思う。

d0009689_21375031.jpg


これで我が家も少しはクリスマス前らしく華やかになった。
[PR]

by hanaatushin | 2005-12-23 21:38 | つぶやき

雪の合間の休日

d0009689_1942988.jpg

雪もひと休みの今日、
娘は模擬試験、その後塾へ、帰宅は10時の予定。
夫は仕事。
その後忘年会でお泊まり。
2人とも朝早く出かけていって留守。
私は、今日一日家で過ごす。
最近、めずらしいこと。

ちょっと雪かきをして
珈琲を入れてゆっくり新聞を読んで
パソコンにも向かって…
何となく昼寝もしてしまった。

こんなふうに、自堕落に過ごしていたらどうなるのかしらと
不安に思いながら、
無駄な時間をたっぷりと過ごした。

来年からは、こどもたちが家から離れて
こんな時間が多くなるんだなと思った。
忙しいときには、あれもしたいこれもしたいと思い、
もっと自分だけの時間がほしいと思ったのに、
自分だけの時間がたっぷりできたとたん、
ふぬけになってしまいそう。

でも、
そうはしていられない。

長男から
お母さんなんだから
と言われてしまったけど、
お母さんだね
といわれるような年末を迎えたい。

私の場合、
夕方暗くなるとパワーアップする傾向があるようだ。
なぜ?

そうそう、さっき忘年会に行く途中の夫が、一抱えもある花を届けてくれた。
花作りをしている方からいただいたとか。
さあ、どういけようか。
[PR]

by hanaatushin | 2005-12-23 19:12 | つぶやき

根雪になる…

11月21日のページと見比べて下さい。
あの景色が、今日はこう変わっていたのです。

d0009689_20441479.jpg
本格的な雪です。
もう、春までとけることはないでしょう。
根雪です。
厳しい冬ですが、景色はひときわ美しくなります。
見とれて、撮影しました。
[PR]

by hanaatushin | 2005-12-12 20:46 | つぶやき

差出人名無しの封書

d0009689_23435133.jpg

差出人名のない封書がポストにあった。
手に取るとすぐに誰と分かった。
長男からの手紙だった。

玄関にはいるのももどかしく
すぐに封を開けて読んだ。
読みながら、リビングに入り、一人泣いた。
涙があふれ出てきた。

昔、叔母からの手紙を読みながら、
涙する祖母を不思議な思いで見ていたことを思いだした。
祖母は、いつも、
手紙を何度も読み返しては、
何度も泣いて手のひらで涙をぬぐっていた。
祖母が涙をふくための手ぬぐいを
私は笑いながら、
何度手渡したかわからない。
あのときの祖母のように、
不覚にも私は今日、溢れる涙を止められなかった。

けれど、長男恋しさの涙ではない。
寂しさのための涙でもない。

あの息子の親であることが嬉しかった。
私の息子にあの子がいることが嬉しかった。

やっぱり私は、ふさいではいられない。
子ども達に心配や迷惑をかけてはいられない。
息子が背中をそーっと押しているような気がした。

差出人無しの封筒が、届けてくれた幸せをしっかり味わっている。
[PR]

by hanaatushin | 2005-12-08 00:04 | 大切なとき

庭の赤い実

今朝、目覚めたら、雪が積もっていた。
模擬テストのために学校に行った娘を見送ってから、
近くの温泉に出かけた。
みぞれのような雪の降る午前中だったためか、
お客さんはまばらだった。
雪の露天風呂を貸し切り状態で堪能してきた。

車を車庫に入れてふと見上げると、
雪の中に赤い実が揺れていた。
d0009689_2115967.jpg
あらナナカマド。
d0009689_2172526.jpg













我が家に、赤と、オレンジの2種類の木があったなんて、今日初めて知った。

他にも、我が家には赤い実のなる木が2本あった。
真っ白い雪をかぶって、赤がひときわ冴えて見えた。
d0009689_20451057.jpg


d0009689_20445027.jpg












温泉につかって心がほぐれると、
ひとりでに、美しいものが目に飛び込んでくる。
そして、美しいなあと、また心をふるわせる。

こんなふうに、心まで柔らかにしてくれる温泉。
効能に1行つけ加えてはどうかしら。
「解柔温心」
[PR]

by hanaatushin | 2005-12-03 21:16 | つぶやき