<   2005年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

義妹に感謝

久しぶりに母に電話をした。
弾むような元気な声に、ほっとした。

けれど、本当は、大変なことが起きていた。
母は自慢のバイクで、転倒し怪我をしたらしい。
らしいというのは、電話の向こうの母が見えないので、よく分からないから…

でも、声は明るかった。

父の農作業を手伝おうとして、おやつを持ってバイクで家の裏の坂道を下ったときに
バイクが倒れた。
前から膝が弱かったが、
その痛めていた膝をしたたか打って
我慢できない痛みだった。
しかし、状況を父に告げないわけにもいかず
気丈にも、自分でバイクを起こして、コンバインを運転する父のところに行って
「転んで足が痛いから家に帰る。」
と告げて家に戻った。

とても痛く、我慢できないので、タクシーで病院にいこうと思った。
そこで、義妹(母からすると、嫁)の携帯に電話を入れて病院に行くと連絡した。
何年か前、母は、父が倒れたときにも、救急車より先に義妹に電話を入れた。
今回も、母は、息子である弟にではなく、義妹に電話をした。

さっそく義妹は弟と連絡を取ったけれども、弟は仕事を抜けられないと言うので
自分が仕事を抜けて、母を迎えに自宅に戻ってきてくれた。
途中、病院の整形外科に救急の申し込みを済ませてきた。

怪我をしている母にとって、義妹が迎えに来てくれたことはどれだけの支えになったか。

母は義妹に連れられて、病院で診察を受けた。
骨折していなかったので、安心したということだった。
しかし、それから数週間になるけれど、膝はまだ治らないらしい。
秋の収穫の時期に、母は家で寝ていることが多く、父に申し訳ないと言っていた。

本当に大変なことだったのに、母の声が元気だったのは、
母を義妹が支えてくれたことが嬉しかったからだと
わたしは思った。

わたしに伝えるとき、義妹のことを語る言葉が多かった。
自分の近くに信頼できる人がいてくれることが、母にはうれしいのだと思う。

娘のわたしは、遠くから言葉をかけるだけ、
いつも両親に手をさしのべてくれるのは義妹。

両親の近くにいてくれるやさしい妹に、また今日も感謝の気持ちでいっぱいだ。
  ほんとうにありがとう
[PR]

by hanaatushin | 2005-10-17 21:46 | つぶやき

土地の味になじんでいく

北海道に赴任して5ヶ月目の長男
よほど周りの方々がよくして下さるのだろう
少しずつ、土地になじんだ話を聞かせてくれるようになってきた。

その土地のおいしいものの話をして、
前向きに北海道を楽しもうという気持ちを示す長男
なんだか、知らぬ間に本当に大人になっているのだと嬉しくなる。

遠くから
病室の父を心配し、
頼りない母にもいたわりの言葉をかけてくれた。
子ども達が近くにいてくれることばかり望んでいるわたしだけれど、
離れて思い合っていることのよさを
少しは感じることができた。

息子が新しい土地の味になじんでいくように
わたしも変わっていく家族の風景になじんでいくのだと思う。
諦めたり、忘れたり、我慢したりするのではなく
なじんでいくのだなと思う。
[PR]

by hanaatushin | 2005-10-16 01:33 | 大切なとき

おたがいさま

主人は退院してきた。
そして、またいつもが続いている。

どうしてそう何も話さずに黙って時間を過ごせるのか
不思議で不思議でならない。

わたしは
水曜日にフラワーアレンジメントの体験会に行って、帰りが遅かった。
昨日は職場の飲み会で帰りが遅かった。
今日は、銀アクセサリーのサークルで朝から2時過ぎまで留守にした。

こんなふうに、しているわたしも
主人が見れば相変わらずなのだと思う。
どうしてそうも家を開けてばかりいて、家事をしないのかと
あきれているだろう。

おたがいさま。
[PR]

by hanaatushin | 2005-10-16 01:23 | つぶやき

今日こそ… しかし…

週末にはカメラを買う予定だった。
仙台にも行く予定だった。
チューリップも植える予定だった。
セーターのバーゲンに行って今年の一枚を買う予定だった。
けれど、何も手につかずに今日の夜になってしまった。

主人が突然入院したから…
というのも、激しい腰痛で動けなくなったからだ。
金曜の午後に、自分で救急車を呼んで、入院した。

時間が経てば、帰って来るのだけれど…
入院したことがショックで1~2日は、気が高ぶって落ち着かず、何をしたかよく覚えていない。
自宅から入院先は結構遠いので、毎日の往復で結構疲れてしまった。
義父母と娘と生活リズムの全く違う家族と過ごすのは、普段はあまり気にならなくても、
不安定なときは結構きついものがある。

3日間、妙にイライラしたり、気が滅入ったり、焦ったりしながら過ごした。
でも、こういうときこそ体を動かした方がいいとも聞いたので、
毎朝早起きをした。
玄関前のプランターを片づけた。
チューリップを植えるための土などを買ってきた。
衣類の整理をした。
山ほどの洗濯をした。
農協が開いている産直の店に行って、花とラ・フランスとリンゴとブドウを買ってきた。
食べきれない。
白髪を染めた。
とっておきの大吟醸で1人で晩酌をした。
目的のないドライブをした。
たくさん懸賞に応募した。
友達に電話をした。

3日間入院していたといっても、連休中のため診察はしてもらえない。
だから、何が原因の腰痛か、まだ分からない。
昨日は、動けるようになったと笑っていたけれど、それでも、自由には動けない。

3連休にこそ、と思っていたことはたくさんあったが、肝心なことには手が着かず
どうでもいいことに時間を割いてしまった。
明日から、仕事が思いやられる。家でやっておけば、楽になったのに…

肝心なカメラもまだ買っていない。

だけど、いいこともあった。何度も立ち寄ったので、
前から探していた
「国家の罠」を
今日ようやく、ブ○ク○フで見つける事ができた。700円。

さあ、これからお風呂の中で読みましょう。(^。^)
[PR]

by hanaatushin | 2005-10-10 20:52 | つぶやき

アンビバレンス

お母さん、前にこう言ったでしょう。

えっ?
うん…
言った…と思う…

前に言ったことと
今思っていること
真逆のことが、かなりある

あなたの人生、好きに生きてほしい。
お母さんから遠く離れて行ってはだめ。

嘘つき?
そうじゃないの
どっちも本心
嘘はついていない
どっちもお母さんの気持ちなの。

お母さんの中には
二人分の心があるみたい
どっちも本心なんだけど
違う心を語り出す

だから、
お母さん自身も困り果てているの
嘘じゃないのよ。
[PR]

by hanaatushin | 2005-10-01 21:24 | つぶやき