久しぶりに

先回の初夏から、季節は晩秋にうつりました。
わたしの周りでも、様々なことが起き、めまぐるしく時間が過ぎました。
大きく変わったことがあったようで、それでもあまり変わっていない
そんな時間に感謝しています。

d0009689_15233898.jpg

今年は稲刈りの時期、両親はとても苦労しました。
稲が倒れて、作業が大変だったからです。
わたしも1日手伝いに行きました。
「ありがたかった。」
と何度も言う父は、以前の父とは違う人のようでした。

78歳の父は、あと3年今までと同じように農業をするのが夢だそうです。
今年、父には思わぬ病気が見つかりました。
けれども、父は農業をすることで病気に立ち向かっていこうとしているようです。
娘として、できる限りの手助けをしたいと思っています。
父に頼られる娘なんて、鼻が高いです。

母は、土曜日に手術をしました。
肩が痛くて、思うように腕を動かせないからです。
もしも、自分のことが自分でできなくなったら、と考えると不安で
手術を思い立ったのだそうです。
3日間、私は母の病床につきそいました。
二人だけで3日間も過ごしたことなどあったでしょうか。
至福の時間でした。

これからもいろいろなことがあっての毎日だと思うけれど、
自分が今ここにこうしていられることの幸せを見つけながら
過ごしていけたらと思います。

こうして書いてみることで、思っていることが形になります。
そうすると、現実になっていくような気がします。

「未来は、自分で作る」のだそうです。
[PR]

by hanaatushin | 2008-11-11 15:25 | つぶやき