きもったま母さんになりたかった日

27日。娘の遠征試合応援のために、出かけていました。車で1時間半のところにです。
とてもさわやかな風の中で、娘は残り少ない試合をこなしていました。
娘は蒿3、まもなく部活は引退し、大学受験に向かいます。
あまりいいお天気だったので、浮き立った気持ちで実家に電話してみました。
母の声を聞きたくなった事もありましたが、気になっていたことがあったからです。
お天気に後押しされて、思い切って電話したというのが本当のところです。

11時から、入院している義妹の担当医の説明会があり、弟と義妹の父親が行っているということでした。

足下から力が抜けていって、立っているのもやっとになりました。急に不安に押しつぶされそうになったからです。今すぐにでも実家に行きたいと思いました。
でも、ここから私一人では行けません。遠いし、車もありません。

お父さん、帰りたい。
へなへなとして私は言いました。

夫は、新幹線を使い乗り継いで実家に帰るようにすすめてくれました。
娘の好投で試合は勝っています。

夫に駅まで送ってもらい、新幹線に飛び乗りました。

思いがけない列車の旅でした。
途中SLとすれ違いました。土日を利用した観光客らしい中年夫婦が、楽しそうに旅行ガイドをのぞき込んで話していました。私はただただ窓の外ばかりを眺めていました。田植えを終えたばかりの水田が至るところで輝いていました。何年ぶりかで見た初夏の表磐梯は目にしみるような美しさでした。

実家に到着したのは5時間近くたってからでした。
病院の説明は、検査内容についてだったそうです。結果はまだ分かりませんでした。
弟は、姉ちゃんは神出鬼没だなぁと呆れていました。

夜の8時に主人が車で迎えにきてくれました。
私は晩ご飯の支度をして待っていました。
実家のみんなと一緒に晩ご飯を食べました。1時間ほどして、家を出ました。私が、日曜日にどうしても出勤しなければならなかったからです。朝6時には家を出なければなりません。
夫と交代しながら運転して、12時過ぎに、家につきました。

何のために新幹線に乗り、電車を乗り継いで実家にいったのかよく分かりません。

不安でたまらない自分を支えるためだったのだと思います。そのために、時間を作って駅まで送ってくれたり、3時間もかけて迎えにきてくれたりした夫に感謝しなければと思います。私よりもっと不安なはずなのに、笑顔でねぎらってくれた弟に感謝しなければと思います。

いつもいつも誰かに支えてもらってばかりの私だなあと情けなくなります。ビクビクおろおろしないで、しっかり受け止められるようになりたいのに、なかなかなれません。それは遠い道のりのようです。
d0009689_14435788.jpg

[PR]

by hanaatushin | 2005-05-30 14:51 | つぶやき