めざせ、模様替え

もともと整理整頓は大の苦手で、加えて仕事が忙しい事を口実に、乱雑きわまりない部屋で日常を過ごす羽目に陥っている。
疲れて帰ったときに、乱れた部屋に入ると、疲れが増幅するようだった。
久しぶりの休みを利用して、部屋の模様替えを始めた。

整理整頓が苦手だと言うことは、捨てることが苦手だと言うことと同じらしい。
ビデオテープの山を片づけた。
タンスの中の古い衣類をどんどん捨ててすっきりさせた。
パッパと片づけたかったが、なかなかそうはいかなかった。

ああこれは、新社会人になるとき、買って貰ったもの…。
これは、自分で買った初めてのスーツ…。
そうそう、これは、結婚が決まった記念に、買って貰ったスーツ…。
次々と古い衣装を手にとると、思い出がわき上がってくる。

思い出にじゃまされて、やっぱり今日も部屋は雑然としたまま。
けれど、衣装ケースの中はずいぶんすっきりとした。
最後に、私に懐かしさを振りまいて、私の古い衣装たちの役目は終わった。

部屋の模様替えは、まだ途中だけれども、必ずお気に入りの部屋に近づけてみせる。
春休みでうちにいる息子たちの知恵と手を借りながら。
[PR]

by hanaatushin | 2005-03-27 22:29 | つぶやき