言葉

軽い冗談のつもりでも
それが相手にどんな影響を及ぼすか
考えられないことがあるのだろうか
それとも、
わざと人の心を波立たせる言葉を選ぶのだろうか

勘違いしてはいけない
という言葉を
安易に人に突きつけるけれど
勘違いしてはいけない
と他人に断言できる力をもっていると確信しているのだろうか

あなたを心配してくれているのよ
何を心配しているかは言えないけれどね
と振り向きざまに言葉を残して立ち去るとき
その言葉が刃に変わっていることを
背中で感じているのだろうか

しかし、
飛び放たれる言葉の刃で
傷つけられた気分になってはいけない
不用意な言葉を放っているのは私ではないのだから

たとえ、悪意のある言葉であっても
あるいは、全く無頓着な言葉であったならなおさらのこと
それらから、自分を守ってやらなければならない
いたずらに
自分を弱めてはならない
自分をおとしめてはならない
必要以上に傷ついてはならない

冷静に考えれば、
思いやりや相手を尊重する気持ちの足りない
寂しい人の言葉かもしれないのだから

d0009689_451305.jpg

私がどんな言葉を使うかで
私は形作られる
私の話す言葉が拾われて
私は印象づけられている

思いやる言葉を使える人でありたい
暖かい言葉で印象づけられる人でありたい
だれもみていなくても
だれも気づかなくても
そうした人でありたい
[PR]

by hanaatushin | 2007-06-06 04:54 | つぶやき