わがままのついでに

私が落ち込んでイライラしていたとき
受験生の娘ともいい関係ではなかった。
近くにいたら、ぶつかってばかり
ということで、今日も家から出ていようと考えた。

そこで、劇団四季のミュージカルのチケットをインターネットで格安購入した。
友達の家に遊びに来た帰りにちょっと家に顔を出した二男に頼んで、
アパートに戻るついでに仙台まで乗せていってもらった。

久しぶりに二男と遠出のドライブ。
相変わらず、穏やかな二男のとなりに座っていい気分だった。

宮城県民会館の前で息子と別れて、1人、
「クレージーフォーユー」をみた。
中央の前から四列目の席で楽しんだ。
仕事よりも恋に幸せを見いだすストーリー。
だけど、ストーリーよりも、
ステージの躍動感、華やかさ、華麗さ、美しい歌声にどっぷり浸って酔いしれた。

なんてひどい母親だろう、とかなり反省しながら家路についた。
家に着く間際、娘からメールが届いた。

「いろいろごめんなさい」
と。
私の方がごめんなさいという気持ちでいっぱいだったのに、
娘までも悩ませてしまって、本当に悪いことをした。

三日間、本当に自分中心にわがままを通した。
でも、そのおかげで、冷静になれたし、自分をふり返ることもできたような気がする。
自分の悪かったところを素直に認めることができた。

すぐに感情的にカーっとなる、わがままな私に付き合わされて
娘も夫も、思秋期は手がやけると思ったにちがいない。
[PR]

by hanaatushin | 2005-09-25 20:13 | つぶやき