母親失格

大事な日をすっかり忘れていた。

その日、これまでになく体調が悪く、自分の体をさえるのもおっくうな気がした。
何も考える気力がないくらい消耗しきっていた。

そんなことはいい訳にもならない。
母親失格。

私でさえ未だに母親から忘れられたことなど無いのに
母からの電話が、とても待ち遠しく嬉しいのに
私は娘のその日を忘れていた。

ごめんなさい。
誕生日を忘れるなんて…
母親失格、本当に情けない。

娘は、ろくに話もしない。
娘の気持ちを考えると、本当に悪いことをしたと思う。

今日は、娘の好きないなり寿司とホタテのソテーを作って謝ろう。
[PR]

by hanaatushin | 2005-07-02 04:06 | つぶやき